宣教と適応: グローバル・ミッションの近世(2020)

ChineseCS
ChineseCS
ChineseCS
1365
文章
7
评论
2020年2月28日05:55:54 评论 707 2118字阅读7分3秒

宣教と適応: グローバル・ミッションの近世(2020)

Information from EUChina.

Senkyō to tekiō: Gurōbaru misshon no kinsei 宣教と適応: グローバル・ミッションの近世 (Evangelization and Accommodation: Catholic Global Mission of the Early Modern Period)

Saitō Akira editor 齋藤 晃 編

Nagoya名古室: The University of Nagoya Press 名古室大学出版会, 2020

522 + 18 pp.

978-4-8158-0977-5

 

 凡 例

序 章 宣教師の異文化適応を再考する …………… 齋藤 晃
1 近世カトリックの海外宣教
2 宣教師の異文化適応
3 適応の研究

   宗教をめぐる対話

第1章 本質的なものと中立的なものの間で …………… ギジェルモ・ウィルデ、金子亜美訳
—— 南米植民地の辺境地域における宣教師の知識と適応
1 本質的なものと中立的なもの —— 適応のジレンマ
2 教会制度と適応政策の限界
3 信仰を翻訳する
4 秘跡を置き換える
5 適応の裏面 —— 先住民による流用とミメーシス
おわりに

第2章 福音以前の祖先と「粗野な人びと」の救済 …………… 齋藤 晃
—— 16世紀の日本とペルー
1 中近世ヨーロッパの救済論
2 日本人の祖先の救済
3 ペルーの「粗野な人びと」の救済

   理性と科学

第3章 「奇跡」と適応 …………… 折井善果
—— イエズス会宣教師による「理性」概念の形成と日本
1 「適応」「理性」「奇跡」—— インドの事例
2 「奇跡」の不在の意味 —— 日本での経験
3 神の摂理としての適応
4 “理性的な” カテキズム
5 “理性的な神の存在証明” とは何か
おわりに

第4章 学知と宣教 …………… 新居洋子 Gakuchi to senkyō…………… Nii Yōko,
—— 在華イエズス会士による適応の変容Zaika Iezusukaishi ni yoru tekiō no hen'yō, pp. 162-199
1 西洋の学問体系の漢訳
2 朱子学への対応からみる適応
おわりに

   翻訳と包摂

第5章 天主と耶穌 …………… 中砂明徳 Tenshu to Yaso           Nakasuna Akinori
—— 明末における受難のナラティブMin-matsu ni okeru junan no naratibu, pp. 202-235
1 テクストの性質
2 ルッジェーリ『天主実録』からリッチ『天主実義』へ
3 ポスト・リッチ
おわりに —— 顔を持つイエス

第6章 帝国のなかの福音 …………… 真下裕之
—— ムガル帝国におけるペルシア語キリスト教典籍とその周辺
1 ムガル帝国という環境 —— 16世紀後半~17世紀初頭
2 J・ザビエルの活動と著作
3 『神聖性の鏡』
4 『鏡』と既存の文献群との関係
5 『鏡』の記事の分析
おわりに ——『鏡』と帝国の普遍史

   美術を介した交渉

第7章 適応/消費/収奪 …………… 岡田裕成
—— 征服後メキシコにおける宣教と先住民共同体の美術
1 托鉢修道会による布教区建設と先住民の共同体
2 宣教師と羽根モザイクの美術
3 消費される「先住民的なもの」
4 収奪か、交渉の回路か
おわりに

第8章 教育と芸術におけるヴァナキュラー …………… 小谷訓子
—— 日本イエズス会セミナリオの学校教育と絵画制作
1 ヴァリニャーノの指針
2 セミナリオ
3 教育プロジェクトにおける現地への適応
4 日本イエズス会の芸術制作
5 芸術作品に見る現地への適応
6 模倣の芸術 —— イエズス会セミナリオの絵画
おわりに

   適応の限界

第9章 僧形の宣教者 …………… 岡美穂子
—— 日本イエズス会の同宿と「適応」の限界
1 ヴァリニャーノによる「適応」方針と日本人宣教者
2 日本人イルマン
3 「適応」廃止論と同宿の離脱
おわりに

第10章 適応に抗した宣教者たち …………… 網野徹哉
—— アルバレスとデ・ラ・クルスの場合
1 背景となる歴史
2 アコスタの適応論
3 反適応論者バルトロメ・アルバレス
4 ペルー教皇フランシスコ・デ・ラ・クルス —— 仮想的世界における適応
おわりに

   普遍と文明

第11章 「適応」と言語普遍 …………… 鈴木広光
—— 他者認識のプロセスと〈普遍〉の変容
1 非西欧世界の階層化と言語普遍
2 2つの逆説 —— 古典ナワトル語文法書に見る「再バベル」化と〈普遍〉の強化
3 語尾変化から助辞接続へ —— アラウコ語名詞における〈双数〉表示
4 〈普遍〉の後 —— 投影された「スペイン語」とラテン語
5 他者認識のプロセスと「適応」の論理

第12章 「文明化」の方向転換 …………… 王寺賢太
—— レナル/ディドロ『両インド史』のイエズス会パラグアイ布教区叙述を
めぐって
1 イエズス会宣教論と「野生人の文明化」
2 『両インド史』と七年戦争後のパラグアイ布教区叙述
3 神権政と共有財産制の理想郷? —— インカ帝国とパラグアイ布教区の対比論
4 消え去る理想郷 —— パラグアイ布教区評価の反転
5 「文明化」の方向転換とその裏面

 あとがき
図表一覧
索 引

继续阅读
ChineseCS
  • 本文由 发表于 2020年2月28日05:55:54
匿名

发表评论

匿名网友 填写信息

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen: